HOME > サービス概要 > リユース・バッテリーとは?

リユース・バッテリーについて リユース・バッテリーとは?

バッテリーの基礎知識

バッテリーとは?

自動車搭載用の鉛蓄電池など、二次電池(蓄電池)の一種で充電を行うことにより繰り返し使用することができるもの。正極(陽極板)に二酸化鉛、負極(陰極板)に海綿状の鉛、電解液に希硫酸を用いて、それらが互いに化学反応することで蓄電、放電が行われる。

鉛バッテリーが使われているものって?

動力系
・ フォークリフト
・ ゴルフ場のカート
バックアップ系
・ 無停電装置(UPS)

鉛バッテリーの平均寿命は?

使用状況に使用状況により幅があるものの、平均寿命は3~5年。
主に電池の劣化によって寿命が決められる。

電池の劣化のメカニズム

1 サルフェーション現象による劣化

鉛バッテリーをまったく使用しない状態で放置したままにしておくと硫酸鉛が溶解と析出を繰り返して、固く結晶化する。これをサルフェーション現象と呼ぶ。
サルフェーションは電気を通さない特性を持つため、電極板を被うことにより、電極板の有効面積が減少し、通電できる最大量が減少してしまう。さらに、電解液中にある蓄電を担う物質(鉛や硫酸)がサルフェーションの形成に使われるため、バッテリー内に電気を貯めるための科学的エネルギーが不足し、蓄電能力の低下を招く。

  • 劣化したバッテリー
  • サルフューション拡大図

2 外的要因(振動など)による劣化

外的要因(振動など)によって電極版から鉛が剥落し、鉛電極版の表面積や体積を小さくしてしまい蓄電能力の低下を招く。

3 経年劣化

端子の腐食などによる経年劣化。

クレドが考えるリユース・バッテリー(再生バッテリー)とは?

使い古したバッテリーを独自の技術で再び利用できるようにしたものです。

ゴルフ場のカート、フォークリフトやUPS、トラックやバスなどの大型車に使われているバッテリーは、使い捨てを前提に設計されています。しかしこれらのバッテリーはおよそ2~3年ごとに新品への交換が必要なため、コストの部分で使用者の頭を悩ませてきました。
当社独自の技術を用いた再生装置で、これまで使い捨ててきたバッテリーを再び利用できるように調整したものが「リユースバッテリー」。コスト削減の切り札となる存在です。

リユース・バッテリーの導入のメリット

最大7割のコスト削減と、エコロジーに貢献します。

ゴルフ場のカート、フォークリフトやUPS、トラックやバスなどの大型車に使われているバッテリーは、使い捨てを前提に設計されています。しかしこれらのバッテリーはおよそ2~3年ごとに新品への交換が必要なため、コストの部分で使用者の頭を悩ませてきました。
当社独自の技術を用いた再生装置で、これまで使い捨ててきたバッテリーを再び利用できるように調整したものが「リユースバッテリー」。コスト削減の切り札となる存在です。

リユース・シミュレータ

他社と何が違う?

バッテリー再生サービスを事業として行っているのは当社だけではありません。しかし当社のリユースバッテリーは、他社とは異なる独自のノウハウによって再生されています。
一般的な技術では放充電の際にバッテリー電極板に付着する結晶膜を完全に除去することは難しいとされていますが、当社ではこの工程に独自開発の「極板修復剤」を使用。結晶膜を効率的に取り除きます。
またバッテリーに再充電を施す際も、独自開発の充電器を用いることで蓄電性能を向上させます(詳細は技術情報ページをご覧ください)。
これら当社の独自技術を利用し再充電を行った上で、さらに納品前には厳密な放電テストを実施します。このテストの結果をお客様に確認いただき、合格をいただいたリユースバッテリーだけを納品いたします。

私たちが目指すのはバッテリーの延命ではなく再使用。その思いは「リユースバッテリー」というネーミングにも込められています。新品の93%程度まで性能を回復するリユースバッテリーは蓄電能力については2年間の完全無料保証付き。この保証の長さも当社の自信のあらわれです。

このページのトップへ