?? よくある質問│サービス概要|再生バッテリーに疑問を持っている、そんな方にこそクレド

HOME > サービス概要 > よくある質問

リユース・バッテリーについて よくある質問

クレドの強みは?

1.大都市に拠点があり、全国対応可能
2.多くの実績を有している。(導入実績参照)
3.ホームページ上に、お客様の声を反映
4.代替品バッテリーの在庫が豊富
5.バッテリーリユース専門会社である(本業の片手間ではない)
6.補償期間が業界最長(自社調査による)
7.PL保険に加入済みで、最大10億円の補償を担保
8.大手運送会社との提携により、即日発送・低コストの実現が可能

このページのトップへ

再生価格はいくら?

新品対比で、最大70%OFFになります。(平均50%OFF) 

このページのトップへ

再生に必要な日数は?

バッテリーの状態にもよりますが、2週間から1ヶ月程度お時間を頂きます。

このページのトップへ

リユース期間中は、稼働が止まるの?

同等の代替品を準備致します。リユース期間中は代替品をご利用下さい。

このページのトップへ

再生が不可な場合は?

バッテリー診断にてリユース不可の場合、同等のリユース済みバッテリーを販売することが可能です。(在庫ありの場合)
  但し、中古バッテリーの仕入れ代が発生するため、リユースバッテリーより高額になります。

このページのトップへ

セルが数本破損している場合でも、リユースは可能?

バッテリー診断時に、セル交換が必要な場合は別途お見積りさせて頂いております。6本までのセル交換はリユース対応しますが、それ以上セル交換が必要な場合、リユース済みバッテリーの方が安価で済む場合が多い為、リユース済みバッテリー販売に切り替えます。

このページのトップへ

バッテリーをリユースした場合、どのくらいもつの?

新品購入時と比較して、70%以上の能力が回復(自社データによる)

このページのトップへ

フォークリフトバッテリーの寿命は何年?

フォークリフトバッテリーは、「ディープ・サイクルバッテリー」と呼ばれ、サイクル(充放電回数)で期待寿命が定められています。
一日当たりの稼働量。(バッテリーメーカーの点検票より抜粋)
・容量の75%の稼働量で→1,200サイクル(4年程度)
・容量の50%の稼働量で→1,800サイクル(6年程度)
・容量の100%の稼働量で→800サイクル(6年程度)

このページのトップへ

中古バッテリーとリユース済みバッテリーの違いは?

いわゆる「中古バッテリー」とは、複数の使用済みバッテリーの中から、
  比較的程度の良いセルを組み合わせて、「ニコイチ・サンコイチ」にして販売しているケースが多く、作業工程は、ターミナル(接続端子)の溶接のみなので比較的安価な価格が期待できる反面、リユース工程を踏んでいないので、補償もなければ能力も低いバッテリーがほとんどです。
   それに対して、「リユース済バッテリー」とは、中古バッテリーを仕入れ、更にクレドリユースシステムによるリユース工程を行ったバッテリーであり、補償も付帯され能力の高いバッテリーを指します。

このページのトップへ

このページのトップへ