HOME > サービス概要 > バッテリー再生の仕組み

リユース・バッテリーについて バッテリー再生の仕組み 4つの秘密

STEP.1 的確なサルフェーションの除去

サルフェーションを除去するには、電極板にパルス(電気的波動)を照射し、分子レベルで弾き飛ばさなければなりません。クレドでは、独自のノウハウにより適正なパルス周波数を用いて、サルフェーションを除去することによって蓄電能力を回復します。

硫酸鉛が結晶化し電極板を被うサルフェーション現象。

電気を通さないため、電極板を被うことにより有効面積が減少し、通電できる最大量が減少してしまいます。さらに、電解液中にある蓄電を担う物質(鉛や硫酸)がサルフェーションの形成に使われるため、バッテリー内に電気を貯めるための科学的エネルギーが不足し、蓄電能力の低下を招きます。

パルス照射でサルフェーションを除去。

この時、振動が弱いとサルフェーションが取れない、強いとペースト状鉛が電極剥離し蓄電能力を低下させる危険性があります。
クレドは適度な振動を発生させるパルス周波数を使い、ペースト状鉛を残しサルフェーションを除去します。

STEP.2 電極修復剤によるコーティング技術

電極修復剤の投与により蓄電能力を回復

サルフェーションの除去後、独自ノウハウによる電極修復剤の投与により、電解液中に溶出している鉛分子を電極に戻し、電極にコーティングを施します。コーティングの表面に凹凸をつけることで、表面積をより広げる事ができ蓄電能力を回復させます。
このとき十分な時間を取り、修復材を馴染ませます。

STEP.3 バッテリー液の補充

劣化したバッテリー液を補充します。

この行程だけを行い「バッテリーを再生する」と広告している業者も存在します。

STEP.4 独自開発の充電器を用いた蓄電工程

弊社開発のマルチ充電器

蓄電行程にも再生ノウハウがあります。適正な電圧で充電しなければ新品同様に再生しません。
弊社開発のマルチ充電器および充電技術による基礎充電、二次充電を行うことで安定したより高容量の充電を行うことが可能です。

以上のような独自技術を組み合わせる事で、
弊社では新品バッテリーの93%までは再生できるようになりました。
もはやバッテリーは消耗品ではありません。
その思いを込めて弊社では再生バッテリーを
リユース・バッテリーと呼びます。

このページのトップへ