導入実績/バッテリー導入例 蓄電池設備(UPS)導入 3分の1の料金で蓄電池設備(UPS)が再生可能でした。 日本コンピュータサプライ株式会社  山本社長

HOME > 導入実績 > バッテリー導入例 > 蓄電池設備(UPS)導入

在日米軍からの問い合わせがクレドを知るきっかけでした。

もともとクレドのバッテリー再生技術を知るきっかけは、在日米軍から弊社への、「人口呼吸器に使われているパナソニック製のバッテリーを納入できないか?」と言う問い合わせでした。調べてみたところ、そのタイプのバッテリーは日本で発売していませんでした。そこでネットで「再生バッテリー」で検索したところクレドのホームページを見つけ、封入されたバッテリーでも再生可能だと知ったのです。

自分の住むマンションへ導入。

たまたま同時期に、私が住むマンションの管理会社から、定期点検で蓄電池設備(UPS)の重大な劣化が見つかったと報告がありました。これは新品に換えないといけない。さっそく自分が副理事を勤めるマンションの理事会にかけたのですが、新品はあまりに高い。そこでクレドに見積もり依頼したところ、3 分の1 の料金で再生可能と返答をもらいました。理事会の承認を得て、ウチの会社が間に入り再生してもらい、結果テストデータではこよなく新品に近い性能に戻り、理事会への面目も立ちました!三年間の保証もついているので安心して使えますし、5 年以上経って劣化した時はまた再生を選びます。

安全面でも蓄電池設備(UPS )が優位。

良くマンションに使われている、蓄電池を内蔵した非常用照明は、停電になると約20 分で切れてしいます。それに対してUPS なら二時間持つので、余裕をもって安全に避難できます。特にホテルや病院には最適だと思います。

ビジネスパートナーとしても期待。

最近は電気自動車をはじめバッテリーを使用した製品が脚光を浴びています。バッテリーの再生技術はエコロジーの観点からも、これから伸びる面白い市場ですね。弊社もクレドと一緒に在日米軍や大手航空界社など、新しい市場開拓に挑戦して行きたいと思っています。

このページのトップへ