?? CEOメッセージ|クレドはハイクオリティなバッテリー再生技術で、お客様に貢献していきます

会社案内 About the Company

HOME > 会社案内 > CEOメッセージ

CEOメッセージ

CREDO(クレド)とは、ラテン語で「信条」「志」「約束」を意味する言葉です。
バッテリーのプロフェッショナル。
この志を胸に、クレドは歩み続けます。

今現在バッテリー(鉛蓄電池)には、新品販売のカテゴリーしかありません。 自動車は自動車には新車販売・中古車販売・レンタカー等の選択肢があり、 タイヤ販売におきましても、新品・中古・再生タイヤがあります。 そこでクレドは、バッテリーの中古販売・再生販売のカテゴリーを構築すべく 立ち上がりました。 創業当時は北海道札幌市において、「再生販売」のみを行っておりました。 その後、需要拡大に伴い「東京工場」「愛知工場」を設立し、大手運送会社様や 協力会社様の連携により、全国販売可能となりました。

「経済性と環境の両立」を
また、バッテリーは産業廃棄物でもあり、製造やリサイクル時に大量のCO2の発生を伴います。 年間4000万個とも言われている廃バッテリー。(クレドは使用済みバッテリーと呼びます。 「再利用可能なものはリユース」をもっとうに、高価買取を実施し、クレドリユースチームでリユース後、再販していきます。 企業様の3R活動に寄与し、産業廃棄物やCO2削減を実施します。

RB(リユースバッテリー)からBP(バッテリープロデュース)へ
検討してみませんか。適正なバッテリーの導入方法と使い方。 クレドはお客様目線で最適な提案を実施します。 BPとは、お客様の所有している各々のフォークリフト等のバッテリーの稼働状況を調べて、クレドが所有している複数のカテゴリーの中で、どの提案が現場の稼働や経済的に最適かを診断し、トータル的にプロデュースする事と言います。 今現在当社では、「新品」「クレドエナジー」「リユース済」「リユース」販売が可能となりました。 当社のBPにご期待頂くとともに、引き続きご支援を賜りますよう、お願い申しあげます。

東谷 紀孝

株式会社クレド
代表取締役社長CEO
東谷 紀孝

このページのトップへ